風間深志からのメッセージ ~SSTR2016を終えて~


SSTR、大変にお疲れ様でした。皆さん無事にご帰還されたでしょうか?

あれから三日。今だ興奮冷めやらぬ「SSTR」の数々の思い出。

僕の思い出は、なんと言っても初日の「システム事件」。朝の報告を聞いて、思わず目の前が真っ暗になったのは言うまでもありません。鳴り続ける電話を前に、成す術もなく、非常に途方にくれたものです、、、、。

 SSTRも今年で4回目。少しでも内容を前進させ「進化」を図りたい気持ちが裏目に出てしまった格好でした。参加者の皆さんには心より心よりお詫びを申し上げたいと思います。陳謝。

 やっぱり、CP通過はアナログの方が良いかも知れませんね。ヘルメットも脱がずして、ただボタンを押すだけで、その場を立ち去るよりも、ヘルメットを脱ぎ、会話を交わし、手でスタンプを押してこそ「旅」の始まりなんです。と、あるライダーが教えてくれました。本当にそうかも知れません。

今後における「スタートチェック」「CPカウント」「ゴールタイム」のチェック方法など、適切なハイテクとアナログを高次元で組み合わせて、より良い「SSTR」へと益々進化させて参りますので、どうかご期待下さい。

今年もまた、あのゴールになだれ込んだ沢山のライダーたちの無類の「笑顔」と「泣きべそ」、そして「充足感に浸る」面々に会えて、我々スタッフは沢山のパワーをもらいました。みんなそう言っていました。ゴールの会場全体がそんな、なんとも素晴らしい空気に包まれていました(そこでまたシステムがどうの、、なんて言っている人はいませんでした。笑)。

SSTRの魅力の秘密は、その旅の「過酷さ」「辛さ」にあるのかも知れません。

17日の当日、ゴールのタイムが19時を過ぎ、疲労困憊となって翌朝の祝賀会にも出れず、その日再び激しい雨中をずっとずっとひた走って家路に帰って行ったゼッケン223番の女性が言っていましたーー今回の最大の目標は、ゴールよりも何よりも「生きて帰る!」だったので、辛かったけど本当に良かったです、、、と。

このコメントを読んで(FBの)、僕はもしも、もう一つのバッチがあったら上げたい!と思いました。なぜならば、SSTRの狙いは、バイクの魅力の神髄のようなものに触れ、バイクを人生の「生きる」喜びに結んでもらえたなら、素晴らしいと思っているからです。「生きること」の大切さを、ごく自然な形で云えた彼女に大きな軍配です。

僕の冒険行も常に「生きること」が最大のテーマでした。

一日の始まり「Sun Rise」と、終わり「Sun Set」を示す太陽の運行は、私たちの住む天体宇宙・自然の法則です。バイクの一日は、そんな大自然の原理・原則とシンクロして、僕たちを不思議で魅力の世界へと誘うのです。それが「SSTR」の真の魅力なのです(ちょっと言い過ぎ?)。

ですが、とにかく2016年の第四回SSTR。結論は「どうもすいませんでした!!」。そして、お疲れ様でした。

次回は5月(エントリー数を限定して春/秋のW開催も検討中)を予定しております。

 

2016年9月21日
風間 深志

TOPへ