SSTRの概要


SSTRとは?

SSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)は、世界的なオートバイ冒険家・風間深志が発案した、オートバイによる独走的なツーリングイベントです。

基本ルールは、日の出とともに自身で定めた日本列島の東海岸からスタートし、日没までに日本海の千里浜にゴールするという単純明快なもの。

「Chasing the Sun」(太陽を追い駆けろ)をテーマに掲げ、東の海に昇る朝日ととともにスタートし、太陽を追い駆けながら日本列島を横断し、石川県の千里浜にて西の海に沈む夕日を見送るという、かつてない壮大なスケールのアドベンチャーラリーです。

優劣をつけるものではなく、それぞれのライダーが自身の旅のテーマに沿い、無事にゴールゲートを通過し、全国から集ったライダー同士で交流を深める事を主な目的とした自己完結型のラリーです。

SSTR2017 GOAL GATE

SSTRの提唱者 風間深志

SSTRを提唱する風間深志は、パリ・ダカールラリー 日本人ライダー初出場、オートバイでエベレスト6005m到達(ギネス世界記録)オートバイで南極点・北極点到達など数々の偉業を成し遂げた世界的な冒険家です。

現在のダカールラリーは南米が舞台になっていますが、当時のパリ・ダカールラリーは、パリ(フランス)をスタートし、サハラ砂漠などを走破してダカール(セネガル)にゴールしていたラリーレイド競技大会でした。

風間深志は、苦難の末にたどり着いたゴールのセネガルの海岸のビクトリーランの感動を、日本のツーリングライダーにも味わってもらえないだろうかと考えSSTRを発案しました。

SSTRのスピリッツ

日は昇り、日はまた沈む、、、。

この地球の「原理原則」となる営みの中で、
もっとも単純で且つ厳かな
「日の出」と「日の入り」のドラマを
モーターサイクルに乗って追いかける一日。

太平洋の海原に昇る太陽を見るところから
その一日は始まり、列島を横断し、
今度は日本海に沈む夕陽を眺めて終える充実の旅。

夕陽を眺めながら砂浜に佇むライダーの
胸に去来するものは、
その日を「走りきった」ことの喜びと、
そして、今日一日を感動の中に
生きたことの喜びであろうか?

この一年の中で、「最もドラマチック」で、
「最も感動的」なライダーのよる
ライダーの為のラリーの祭典。

「サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー」(SSTR)を
日本中のすべてのツーリングライダー達に捧げます。

風間深志

 

風間深志・賀曽利隆 千里浜対談ムービー

2014年5月、第2回SSTRの時に収録された風間深志さんと賀曽利隆さんの対談ムービーです。

千里浜の海岸をバックに、20代の頃から共にバイクで夢を語り実現してきたおふたりの楽しいトークです。

撮影は地元のバイクショップ「バイク市場きゃぷてん」さんです。

きゃぷてんさんは、お店のたくさんのお客様と共にボランティアで、SSTRのゴール会場の誘導をしてくださっています。

いつもありがとうございます。

TOPへ