全てのライダーに捧げる歌


「全てのライダーに捧げる歌」は、ぐっさんこと山口智充さんが、2015年のSSTRにゲストで来場する時に作った歌です。

山口智充(C)400400

大阪での生放送を終えた後に、愛車のトライアンフ ボンネビルを自ら運転しながら千里浜のゴールにたどり着いたぐっさん。

_MOR9846a

道中で頭に浮かんだメロディーと歌詞を、休憩中にスマホに録音。宿泊したホテルで曲にまとめて、翌日の千里浜のステージで披露してくれました。

DSC04623

SSTRライダーの心情を見事に表した「全てのライダーに捧げる歌」は、ぐっさんのギターと力強い歌声にのって千里浜に響き渡りました。

DSC04510

現在、「全てのライダーに捧げる歌」はBS11「MOTORISE 大人のバイク時間」の「ぐっさんの旅」でも流れていますね。

Good-Sunのスペシャルサイン

 

全てのライダーに捧げる歌
作詞・作曲:山口智充

 

バックミラーの  街が小さく なっていく

夜明け前の  空に  星が光る

子どもの頃に  行きたかった場所にも

知らない町も  行けるように なってた

太陽が昇ったら  走り出そう

水平線に  夕陽が 沈むまで

全てのライダーに  それぞれの物語があり

それぞれに  帰る場所がある

全てのライダーに  それぞれの夢がある

だから  目の前の  道を行く

 

どしゃ降り雨に  うたれる時だってある

横風に  ふらつく時もある

夢に見てた  虹の向こう側にも

海の向こうも  行けるように なってた

太陽が昇ったら  走り出そう

水平線に  夕陽が  沈むまで

全てのライダーに  それぞれの物語があり

それぞれに  帰る場所がある

全てのライダーに  それぞれの夢がある

だから  目の前の  道を行く

だから  ずっと  ずっと  走ってく

 

TOPへ