about
SSTR

SSTRについて

SUNRISE
SUNSET
TOURING
RALLY

SSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)は、世界的なオートバイ冒険家・風間深志が発案した、オートバイによる独創的なツーリングイベントです。

 

基本ルールは、日の出とともに自身で定めた日本列島の東海岸からスタートし、日没までに日本海の千里浜にゴールするという単純明快なもの。

 

「Chasing the Sun」(太陽を追い駆けろ)をテーマに掲げ、東の海に昇る朝日とともにスタートし、太陽を追い駆けながら日本列島を横断し、石川県の千里浜に沈む夕日を見送るという、かつてない壮大なスケールのアドベンチャーラリーです。

 

優劣をつけるものではなく、それぞれのライダーが自身の旅のテーマに沿い、無事にゴールゲートを通過し、全国が集ったライダー同士で交流を深めることを主な目的とした自己完結型のラリーです。


history_banner

playback_banner

 
 
 

Shinji Kazama

 
 
冒険家風間 深志

SSTRを提唱する風間深志は、パリ・ダカールラリー 日本人ライダー初出場、オートバイでエベレスト6005m 到達(ギネス世界記録)オートバイで南極点・北極点到達など数々の偉業を成し遂げた世界的な冒険家です。現在のダカールラリーは南米が舞台になっていますが、当時のパリ・ダカールラリーは、パリ(フランス)をスタートし、サハラ砂漠などを走破してダカール(セネガル)にゴールしていたラリーレイド競技大会でした。風間深志は、苦難の末にたどり着いたゴールのセネガルの海岸のビクトリーランの感動を、日本のツーリングライダーにも味わってもらえないだろうかと考えSSTR を発案しました。

プロフィール
1980 年にキリマンジャロをバイクで登攀して以後、82 年に日本人初となる「パリ・ダカ―ルラリー」参戦84、85 年世界最高峰エベレストに挑み高度6005m の世界高度記録樹立。87年に北極点、92 年に南極点にそれぞれ到達するなど、数々の金字塔を打ち立てたバイク冒険家。2004 年ダカール・ラリーでの事故により左足に機能障害を負うも、2015 年には親子で「BAJA1000」に出場をするなど、そのチャレンジングスピリットはいまだ留まることがない。NPO 法人「地球元気村」主宰。1950 年生まれ。


kazamaphoto